サービス内容

マルチクラウドインテグレーション

企業が成長するためには「クラウドの活用が不可欠」と考えております。 しかし、クラウドは日進月歩かつ多種多様で、お客様の悩みの一つとして「どれを使えばよいのか?」があると考えます。 当社はお客様に最適なクラウドの選定から構築・運用までワンストップでサポート致します。

インテグレーション方針

お客様の業務内容を以下3つの観点で調査・検討を行い、検討結果を報告書として納品致します。

  • 現場重視:実際にお客様の業務に行いながら検討致します。
  • 運用重視:運用コストを抑制する観点で検討致します。
  • 公平公正:現行事業者とは一線を置いた視点で検討致します。
提案事例

  • AWS(Amazon Web Services)へのリプレース提案
  • GCP(Google Cloud Platform)へのリプレース提案
  • OSS(Open Source Software)を用いたクラウドサービスの提案
  • IoT(Internet of Things)に特化したプラットフォームの活用提案
  • ベンダーロックインを回避するマルチクラウドの提案
  • IoT x Blockchain の提案
マネジメント方法

お客様に変わってシステム構築・運用のプロジェクトマネジメントを致します。 プロジェクトマネージャー(PM)は、米国PMI認定 PMP等のPM資格保有者が担当致します。 手も足も使う「プレイングマネージャ」としてマネジメントを行います。 進捗管理、作業指示、顧客折衝だけを行うPMではありません。 サーバ/ネットワークの設定からドキュメント作成まで行うパワフルなPMです。

プロジェクト編成ケース

  • 現行事業者がいる場合
  • 当社のPMが、お客様と現行事業者(IT企業様)の間に入り、プロジェクト管理を行います。

  • 新規事業者を採用したい場合
  • 技術力の高いIT企業様と協業で提案を行い、当社のPMがプロジェクト管理を行います。
プロジェクトチーム

当社はとても小さな会社です。現状、一馬力しかございません。ゆえに必ずIT企業と協業で行います。 協業させていただくIT企業は、過去の成功事例や失敗事例を踏まえた選りすぐりの企業です。 さらに、企業規模より個の力を重視したプロジェクトチームでインテグレーションを行います。

当社が編成するプロジェクトチームは以下3つの能力を重視して編成致します。

  • 高い技術力(裏付けられた技術)
  • 新技術に挑戦する勇気(フロンティアスピリッツ)
  • 才能ある若き力(ポテンシャル)
インテグレーション方法

3つのフェーズに分けてインテグレーションを行います。

  • 仮構築フェーズ
  • お客様の要件を踏まえ、「スピード重視」の基本構築を行います。仕様を固めるためのフェーズ

  • 本構築フェーズ
  • 細部まで含め、本格的な構築を行います。成果物(ドキュメントを含む)を納品するフェーズ

採用メリット

  • 導入コストの抑制
  • 仮構築フェーズでフィットしなければ、インテグレーションを終結させることができます。

  • 拡張性の高さ
  • クラウドならではの拡張性の高さを最大限に発揮できます。

  • 自由度の高さ
  • 予算変更や仕様変更に応じて、クラウドのタイプ変更やマルチクラウド化が可能です。
料金

成果報酬型、固定報酬型の2パターンをご用意しております。
お客様とヒアリングを行った上、「現場重視」の観点でお見積致します。

成果報酬型は、成果が出るまで料金が発生しないタイプです。報酬額10%です。
固定報酬型は、日または月単位で料金が発生するタイプです。80万~150万円/月です。

IoT x blockchain R&D

 世界の暗号通貨プロジェクトは多種多様にあります。その中で、IoTに特化した暗号通貨プロジェクトがあります。プロジェクト名は IOTA(イオタ)であり、IOTAトークンを用いて、IoTの世界観に暗号通貨のエッセンスを導入するプロジェクトです。
 送金/着金手数料は無料であり、膨大な暗号通貨発行量で、DAGという技術を用いて暗号通貨のトランザクションを実現させています。
当社の代表(風間 徹)は、IOTA プロジェクトの日本代表を努めており、IOTA のホワイトペーパー(論文)の日本語訳を公開しています。
 IOTA プロジェクト及びコミュニティと共に、IoT x blockchain の実現のための情報発信、研究開発(R&D)を行います。IOTA プロジェクトに関する情報は当社のブログやSNSで発信していきます。プロジェクトは2016年7月から3年間という長期プロジェクトであり、完成は2019年となります。日々、開発またはPoC(概念の証明)やユースケースに取り組んでいます。    

ユニバーサルベーシックインカム R&D

 ユニバーサルベーシックインカムとは、人が生まれた時から時間単位で収入を得られるシステムです。
 収入を得る方法は、歴史上、世界のボランティア活動や財団が寄付を集め、その財源を用いて世界の貧しい国々の方に分配または施設を創ります。暗号通貨を用いると、財団や中間業者を経由せずに、直接、世界の人々に分配することが可能です。
Bitcoin の応用と理解してください.
 しかし、世界の貧しい国々にはインターネットも使えず、アフリカでは独自の通信システム(電話機)を用いてコミュニケーションを取っています。つまり、ユニバーサルベーシックインカムの実現には、インターネット環境とインターネットと通信ができるIoTデバイス(時計や指輪などのガジェット)を提供する必要があります。
 例えば、指輪で考えてみましょう。子供が生まれた時に指輪を渡します。この指輪には秘密鍵が組み込まれ、1時間単位で暗号通貨が送金されるとします。子供が成長し、プロのサッカー選手になりたいためにサッカーボールがほしい、飛行機を使って世界有数のクラブチームの練習に参加したい場合、どうしてもお金が必要となります。
 その時、この指輪に刻々と送金されている暗号通貨を法定通貨(ドルやユーロ)に交換することで、彼らは「挑戦する機会」を得ることができます。誰にも頼らず、自分の力で挑戦することが可能となります。
 これを実現するために、IoT x blockchain の研究開発(R&D)が必要となります。当社は現在も IoTデバイスの開発を行っております。実現までには、まだまだ時間を必要としますが、世界の子供たちのため、彼らの未来が輝かしくなるために「ユニバーサルベーシックインカム」の実現に当社は挑戦しています。


© 2015-2017 Leonhard Japan, LLC.